阪神・大山 フリー打撃で金本監督大絶賛も「修正が必要」と冷静

2018年02月05日 11時00分

 レギュラー定着を目指す阪神の2年目・大山悠輔内野手(23)が4日、フリー打撃で、打撃投手を務めた昨季12勝の秋山から27スイングで7発の柵越えをマークした。

 見守った金本知憲監督(49)は「バットの出が速い! だからパッと内角に来てもサッとバットが出る。これができるのはうちのチームで彼だけ」と大絶賛した。

 それでも本人は浮かれることなく「いい打球もあったので自信になる。ただ詰まった打球もあったので修正が必要だと思う」と冷静だった。