ロッテのドラ1・安田が猛省 初のキャンプはガチガチ始動

2018年02月02日 16時30分

安田は“売り”の打撃で苦戦した

 プロの水は甘くないようだ。ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18=履正社)が1日、沖縄・石垣市の中央運動公園で行われているキャンプで“不本意なスタート”を切った。

 安田といえば、日本ハムに入団した清宮とともに高校球界では“東西の横綱”と称されたスラッガー。ただ、緊張もあったのか、室内練習場で行ったフリー打撃では「少し力んでしまって、自分のスイングはできていなかった」と反省した。

 現時点では“様子見”のため、打撃に関して首脳陣から注文がつくことはない。だからこそ、余計にいいところを見せようと力んでしまったのかもしれない。チーム関係者も「今日の安田はガチガチだったね。特に打撃がね。今は好きなように打たせてもらっているせいか、いいところが出なかったね。最初の1クールぐらいはちょっと厳しいかもね」と辛口評価だった。

 一方で、投内連係では今季から三塁手に転向する鈴木大地内野手(28)に「ナイスカバー」などと声を掛けられて笑みを見せる場面もあった。安田は「最初は浮ついていた気持ちもあったんですけど、だいぶ練習に集中できました」と、何とかキャンプ初日を無事に乗り切った格好だ。

 井口監督は期待の大砲候補に「初日はみんな思った以上に力が入るからね。でも、強い打球は飛ばしていましたから」と及第点を与えた。本領発揮はこれからか。

関連タグ: