ミスタータイガースに対抗? 矢野二軍監督が名刺配りのファンサービス

2018年02月01日 18時49分

矢野二軍監督が配った名刺

 阪神・矢野燿大二軍監督(49)が高知・安芸キャンプ初日となった1日、前監督の掛布雅之氏(現阪神オーナー付きシニアエグゼティブアドバイザー)と同様、自らサイン入り名刺を配るファンサービスを敢行した。「上のコーチの時も(名刺は)持っていたけど、じかに配るのは初めて」と照れくさそうだったが、これも指揮官が推し進めるファン開拓、感謝の一環だ。

 前日1月31日の全体ミーティングではナインに「(ファンが)高知に来て良かったと喜んでもらえるように」とスキンシップの大事さを訴えたばかり。上本ら選手も初日からサイン会を行ったことに、指揮官は「しないといけないこと。わざわざ球場まで見に来てくれたんだから。もっと選手の魅力を感じてもらったらいいし、チームとしてもいい伝統として残していかないと」と話した。