エンゼルス大谷が渡米 前夜はライトゴロでアウトの夢も「とてもワクワクしている」

2018年02月01日 16時30分

出国セレモニーに出席した大谷(中)

 米大リーグのロサンゼルス・エンゼルスに入団した大谷翔平選手(23)が1日、成田空港で出国セレモニーに出席。集まった約200人のファンと100人あまりの報道陣を軽妙なトークで沸かせた。

 この日、JALとサポート契約を結んだ大谷は「お集まりいただき、ありがとうございます。新しい挑戦に際して、このようなサポートをいただき、大変うれしく思っております。新しい挑戦に向けて、これからJALさんと一緒に頑張っていきたいと思います」とあいさつ。CAから花束代わりに約60センチの巨大クレープと自身の顔がプリントされた特別モデルの模型飛行機をプレゼントされ、照れ笑いを浮かべた。

 現在の心境を問われると「とてもワクワクしています。楽しみなことが一番。不安も多少ありますが、行ってみないとわからない。一つひとつ、自分のやれることをやっていきたい」と話した。前夜は夢を見たそうで「最近あんまり楽しい夢を見ていなくて。ライトゴロでアウトになる夢を見ました」と苦笑い。

 また、これから日本球界を盛り上げてほしい選手を聞かれると「清宮くんと言ってほしいんですか?」とインタビュアーに逆質問し、会場を爆笑させた。

「一番野球がうまい選手になりたい。そのシンプルな目標に向かってやっていきたい」と話した大谷。いよいよ二刀流が海を渡る。