DeNA・山口“肉食男児”ステーキ毎日1キロ

2013年01月30日 16時00分

 DeNA・山口が守護神の座を死守するために“肉食男児”に大変身していた。米国ロサンゼルスで1か月間、自主トレを行い、体幹を中心に鍛えてきた。その時、付いてもらったトレーナーに「プロテインじゃなく食材を口から入れろ」と言われれ、現地では練習後、必ず総重量1キロのステーキを食べるようにした。日本のステーキ1枚の量は一般的に250グラムとされいる。つまり山口は毎日4人分を平らげていたことになる。

 厳しい練習のあとは肉を大量に食べて天然のタンパク質を補給するという習慣は帰国後も続いており、このまま継続する。今季は中日からソーサが加入し、抑えの座を争うことになりそう。山口は「普通にやっていれば抜かれないと思う」と目をぎらつかせた。“肉食効果”で闘争心も盛り上がっているようだ。

 ブランコ加入で打線も強化された。山口は「あとは投手陣が踏ん張らないといけない。(チームの)防御率を2点台にしたい」と意気込んだ。