太め残り井川のあきれたダイエット法

2013年01月31日 16時00分

 オリックスの井川慶投手(33)の体に周囲があぜんとしている。オフにダイエットを宣言しながら体重100キロ超の太め残りの状態でのキャンプ突入が確実になったからだ。

 

 6年ぶりに日本球界に復帰した昨年3月の入団当時は約95キロ。その後、故障で二軍調整に入って体重はどんどん増加した。あるトレーナーは「100キロを超えている。さすがに90キロ台に減らさないとまずい」と警告し、井川もそれを受け入れ「キレを取り戻すためにも食事制限はしておかないと」と話していた。だが、結果は「やせた? いや、そんなことはないですよ。体重は変わらないですよ」とあっさり。

 

 見事にダイエットは失敗に終わったわけだが、それもそのはず。井川が取り組んでいたのは、何と「食べ過ぎに注意するだけ」だったのだ。それを知ったチーム関係者らは「そんな方法では最初から無理だよ」とあきれているわけ。

 

「昨年のままなら意味がない。戦力になれるように調整する」と気合を入れる井川だが、本当に今年は大丈夫なのか。キャンプを前にしてチーム関係者らは心配している。