阪神移籍の日高が「ものすごい投手」発見

2013年01月28日 11時10分

 オリックスから阪神に移籍したベテラン捕手・日高剛(35)が先乗りの沖縄自主トレ初日(27日)から精力的に動いた。伊藤隼ら若手組を超える約5時間35分の猛練習を行い「ついつい若手に乗せられた。暖かいから動きやすい」と満面の笑み。

 

 ブルペンでは初めてバッテリーを組んだ2年目右腕・松田の直球に驚きを隠せず「ものすごい投手。こんな球を放るヤツがいたのかと。岸田、平野に匹敵する真っ直ぐじゃないか」と古巣の主力投手に例えて絶賛していた。