ダルビッシュ争奪戦いよいよ本番 球団側は条件提示の時

2017年12月25日 11時00分

【マサチューセッツ州ボストン24日(日本時間25日)発】ドジャースからFAになっているダルビッシュ有投手(31)について、レンジャーズの地元紙フォートワース・スターテレグラム紙(電子版)は「ダルビッシュはレンジャーズにとって完璧なプレゼントになる。もし、オーナーがそうしたければ」という見出しの記事を掲載した。

 ダルビッシュは21日(同22日)にレンジャーズのダニエルズGMと、2人だけで会食したが、交渉に関する話はなかったようだ。現状では、レンジャーズがダルビッシュに提示できる十分な金額がないと言われている。

 しかし、同電子版は「ひとりはビリオネア(資産10億ドル=約1130億円)、もうひとりはビリオネアに近いオーナー陣」によるツルの一声があれば、レンジャーズ復帰の可能性が高まると指摘している。

 これまでダルビッシュはカブス、アストロズと面談しているが条件提示されてないという。クリスマス明けには、ツインズ、レンジャーズが面談を行うと見られている。獲得を目指す球団はそろそろ条件提示するタイミングが迫っているのは間違いなさそう。争奪戦はこれからが本番だ。