藤浪が3種の変化球を初披露

2013年01月25日 11時00分

 阪神・藤浪晋太郎投手(18)が24日、新人合同自主トレで変化球を“初披露”した。同期の新人捕手・小豆畑(西濃運輸)を相手のッチボールで「ちょっと投げてみようかと思った」とカーブ、スライダー、フォークの3球種を投じた。ブルペンでの本格的な投球ではないものの、受けた小豆畑を「あれだけの身長があるので、やはり角度がありますね」と驚かせていた。 藤浪は「カーブだったら2つ、3つある」と各変化球ごとにそれぞれ複数の握りのレパートリーを持ち、それを「その日しっくりくる物を使う」という。プロの投手でも一部しか到達できないレベル。やはりこのルーキー、只者ではなさそうだ。