巨人・高木勇 野上の人的補償で西武へ「ライオンズで頑張り恩返ししたい」

2017年12月18日 12時17分

高木勇人

 巨人・高木勇人投手(28)が18日、野上亮磨投手(30)のフリーエージェント(FA)移籍に対する人的補償として、西武へ移籍することが決まった。西武から連絡を受けた球団がこの日、本人に通達した。

 球団を通じ、高木勇は「3年間でしたが、巨人軍関係者の皆様や温かい声援を送ってくださったファンの皆様との出会いが自分にとって大きな財産となりました。『勝ちたい』という気持ちを強く持ち、西武ライオンズの優勝に少しでも貢献できるように頑張ることで、お世話になった方々やファンの皆様に恩返しをしたいと思います」とのコメントを発表した。また鹿取GMは「新天地でも活躍されることを期待しています。先発ローテーションに入り、チームに貢献してもらいたいです」と話した。

 高木勇は2014年ドラフト3位で三菱重工名古屋から入団。15年のルーキーイヤーには主に先発として26試合に登板し9勝(10敗)を挙げた。2年目からは中継ぎ中心に役割を移したが、3年目の今季は不運なけがにも泣かされ16試合1勝2敗、防御率2・63だった。

関連タグ: