阪神・糸井に期待されるロサリオ効果

2017年12月15日 16時30分

契約を更改した糸井

 阪神・糸井嘉男外野手(36)が14日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸4億円プラス出来高払いでサインした。

 オリックスからFAで加入した今季は114試合で打率2割9分、17本塁打、62打点をマーク。それでも7月に右脇腹の筋挫傷で1か月間、戦線離脱したとあって「納得いく数字が一つもない。離脱したときは責任を感じた。『俺、何しとんねん!』とかいろいろ思った。来年はホンマにスーパーな糸井でいきたい」とリベンジを誓った。

 そんな気合十分の糸井に期待されているのが“ロサリオ効果”だ。獲得が正式決定したウィリン・ロサリオ内野手(28=前韓国ハンファ)について「ヒゲ、かっこええな」と“超人節”を交えつつ「やっぱ外国人が強烈なほうが強いと思う」と共闘を大歓迎。3番・糸井、4番・ロサリオとなれば相乗効果での得点力アップは見込めるが、それ以上に大きいのが注目度の軽減だという。

「今年はFAで人気球団の阪神に来て想像以上の注目度、重圧に戸惑った部分はあったと思う。一挙手一投足が見られていたからね。ただ、球団史上最高額(年俸300万ドル=約3億4000万円)といわれるロサリオが来ればファンやマスコミの視線はそっちのほうにいく。そうなれば周りを気にせず練習もプレーもノビノビできる」(チーム関係者)

 パ・リーグ育ちの糸井にとって阪神の熱狂ぶりは衝撃的だった。この日も「お客さんがすごい。守っていて感動するくらいだった。そういうところで野球をできているのは幸せだった」と話したものの、責任感の強い超人にとっては重圧も半端ではなく、シーズン中は「プレッシャーは今までの500倍」と口にするなど伝統球団でプレーする難しさを肌で感じていたようだ。

 しかし、超高額年俸や韓国プロ野球で2年連続「30発、100打点」など話題性抜群のロサリオが来日すれば糸井への注目度は軽減。周囲を気にする必要がなくなることで、今年以上の力を発揮できるというわけ。ロサリオ加入を味方に“超人完全復活”といきたいところだ。