西武が牧田のポスティング申請

2017年12月11日 19時32分

牧田和久

 西武は11日、ポスティングシステムを使ってメジャー移籍を目指す牧田和久投手(33)について日本野球機構(NPB)に申請手続きを行った。

 これを受けてNPBは速やかに米大リーグ機構(MLB)に通知。今後はMLBが公示し、譲渡金を支払う意思を示した全ての球団と交渉が可能になる。交渉期間は30日間で、譲渡金の設定額は明らかにされていない。

 前日(10日)には今オフ米移籍市場の目玉、大谷翔平投手(23)がエンゼルス入団会見を行ったばかり。このタイミングでの申請はこの日(現地時間10日)から米フロリダ州オーランドで始まるウインター・ミーティングに合わせてのもののようだ。

 今後は代理人契約を結ぶスティーブ・ヒラード氏(52)が、交渉希望球団を募り移籍先を探していく流れになる。