藤浪は「別格」育成プラン

2013年01月24日 11時58分

春季キャンプ一軍スタートが決まった藤浪

 阪神のドラフト1位ルーキー・藤浪(大阪桐蔭)の春季キャンプ一軍スタートが23日、正式決定した。

 阪神はこの日、2月1日から沖縄・宜野座での春季キャンプについて話し合う合同コーチ会議を開き、一、二軍メンバーを決定。その後に発表された一軍メンバーの中には、注目の藤浪の名前も記されていた。

 和田監督はルーキーを選んだ理由を「12月の入団発表からいろんなものをクリアしないといけない中で、課題を1つ1つクリアして自主トレも順調に来ている。連れて行く上で支障がない」と説明。さらに中西投手コーチはキャンプでの扱いについて「藤浪は別格」と話し、育成プランの一部を明かす。

「(藤浪は二軍との)入れ替えはない。けがとかしたら別だけど。(沖縄での実戦登板は)ありません。こちらのプランでスケジュール通りにやっていく。初登板する実戦から逆算してやっていく。(打撃投手は)あるかもしれない。キャンプの終盤に」

 3月以降のデビューに向け、着々と力を蓄える戦略を練っているというわけだ。当の藤浪は一軍決定に浮かれる様子はない。

「しっかりこれからに向けて体をつくれています。数字(の目標)はないが1年間頑張りたい」と、しっかり開幕一軍をその視野に捉えていた。