虎ドラ4島田が背番号「53」継承 赤星2世や!

2017年12月04日 20時43分

前列左から馬場皐輔、高橋遥人、中列左から熊谷敬宥、金本知憲監督、島田海吏、後列左から牧丈一郎、谷川昌希、石井将希

 阪神の新入団選手発表会見は4日、大阪市内で行われ、ドラフト4位・島田海史外野手(21=上武大)が、5年連続盗塁王の赤星憲広氏がつけていた背番号「53」を継承することになった。

 野手では9年ぶりの復活となる栄光の背番号に「赤星さんは小さいころからの憧れの人。この番号に見合った選手になりたい。一つでも多くの盗塁を決めたい」と意気込んだ。

 50メートル5秒7を誇る快足が売りで、金本監督は「赤星も代走からあれだけの盗塁ができる選手になった。十分チャンスはある」と太鼓判。“レッドスター2世”となれるか。