虎新人が施設見学 ドラ1馬場「甲子園のマウンドで早く投げたい」

2017年12月04日 11時00分

施設見学を行った阪神の新人選手

 阪神のドラフト1位・馬場皐輔投手(22=仙台大)ら新人7人が3日、甲子園球場を訪れて体力測定と施設見学を行った。

「実感が湧いてきた。甲子園のマウンドで早く投げられるように頑張りたい」と気持ちを新たにしたドラ1右腕が、早くもそのポテンシャルで周囲を驚がくさせた。体力測定を見守った権田チーフトレーナーが「秋季キャンプを見学に来たときの印象ほど太っている感じはなかった。筋肉量の数値が高い。馬力がある選手」と目を丸くしたほどだ。

 現在、体脂肪率は18%だといい「筋肉量を増やして体脂肪を減らせればいい。これから自分の動きやすい数値を探したい。満足はしていない」とさらなるレベルアップを宣言。また「お風呂にサウナがついていた。大学にはないので、これがプロなんだなと感じた。自分も入りたい」と目を輝かせた。

関連タグ: