日本ハムと仮契約 清宮「大谷選手のように信念を貫きたい」

2017年11月17日 16時30分

清宮はリトルリーグ時代に栗山監督からもらったサインボールとツーショット写真を持参した

  高校生史上最多となる7球団競合抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得した怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(18=早実)が16日、東京・港区の明治記念館で入団交渉を行い、球団と仮契約を結んだ。

【清宮と一問一答】

 ――今の気持ちは

 清宮:社会人としてのひとつのステップアップができたかなと思っています。ここからいかに練習するかに懸かっている。自分を信じてやっていきたい。一つひとつプロ野球選手になっていくんだなという自覚は湧いている。

 ――ファンに一言

 清宮:これだけの期待をしていただいているなか入るからには、しっかり結果を出して恩返ししたいと思っているので、すぐ1年目からその期待に応えられる活躍ができるように頑張ります。

 ――1年後の自分の理想像は

 清宮:ベストだと思うのは「ファイターズで今年一番印象に残った選手は」と聞かれたときに「清宮だな」と言ってもらえること。

 ――大谷選手の印象と自身が目指す場所は

 清宮:すれ違いでいなくなってしまうのはとても残念。それでも二刀流ということで新たな道を作られた。いろいろな方にいろいろ言われても自分の信念を貫きとおしてきた方。誰も成し遂げなかったことをするというのはすごく魅力的なことで自分自身もすごく刺激を受けたので、大谷選手のように誰にどう言われようと自分が決めた信念を貫いていきたいと思っている。何か吸収できるものがあれば話がしたい。大谷選手がいたチームに入れるというのはうれしいことだと思います。大谷さんはメジャーに行かれますけど、自分もそこを目指してるので負けないように頑張っていければと思います。