オリ金子「僕はエースじゃない」発言の真意

2013年01月25日 16時00分

 オリックスの“エース”金子千尋(29)が自主トレを公開し、「今年は数字的な目標はないが、一年間ケガなく一軍で投げたい」と話した。

 

 その金子は「エース」と呼ばれることに抵抗を持っている。自らが考えるエース像とは「負けない投手であること。こいつが投げたら大丈夫、なんとかなるって思わせてくれる投手。ただ負けないだけじゃなく、信頼されていて周りも見えていること。チームに何かしらの影響を与えるような存在」。昨季は右肘痛など故障に苦しみ、9試合の登板で4勝。ふがいない成績に終わっただけに「納得いかないというよりもエースという名前に申し訳ない。僕は自分のことをエースだと思っていない」というのだ。

 

 もちろん、これは自らを奮い立たせるためでもあるのだろう。2010年の最多勝男・金子はあえて“エース”返上で復活を目指す。