清宮「恋愛禁止」「大谷ルール」でもまだ甘い!の声

2017年11月08日 11時00分

これまで野球エリート街道を歩んできた清宮

 ドラフト会議で高校生史上最多となる7球団競合の末、抽選で日本ハムが交渉権を獲得した怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(18=早実)。その扱いについて、日本ハム・栗山監督がすべての外出を許可制にする“大谷ルール”の適用や“恋愛禁止令”などを打ち出した中、早実サイドから「もっと厳しく管理するべきだ!」との声が出ている。清宮に近い関係者からはまさかの“軟禁論”まで噴出。その理由とは――。

 沖縄・国頭村で秋季キャンプ中の日本ハム・栗山監督は入団後の清宮の扱いについて、外出完全許可制をとる“大谷ルール”適用を明言。「当然も当然。誰と(遊びに)行くのかもいちいち確認する。(今年高卒で入団したドラフト1位の堀)瑞輝もやってるんだから(清宮も)完全に適用者。最初にルールがどういうものか感じないと、後からでは分からないんだよ」と強い口調で語った。さらには「まず20歳までは野球に集中してほしい」と“恋愛禁止令”まで。

 高校通算111本塁打を放ち、ドラフト会議では7球団が競合するなど、規格外の人気と実力を兼ね備える怪物スラッガーだけに、入団後“清宮フィーバー”がさらに過熱することは必至。無用のトラブルを避けるためにも入団時の大谷と同様に徹底した管理が必要というわけだ。しかし、この対応を受け、早実関係者の間からは「その程度では足りない。清宮は大谷以上に厳しく管理するべきだ」との声が上がっている。

 清宮家にも近い早実野球部のあるOBは「大谷はもともとストイックで、黙っておけば野球に集中する練習の虫だけど、清宮はちょっと違う。強豪校の選手が寮生活で身の回りのことを全部自分でやってるなか、家には室内練習場、専属トレーナーがついたりと、とにかく恵まれた環境でとことん甘やかされて育った。いわば究極の温室育ち。ドラフト前の事前面談でも本来なら本人からあれこれ質問が出なきゃいけないのに、出てくるのは(父親の)克幸さんからの話ばかり。(U―18W杯が行われた)カナダまで母親がついていくのだって過保護ですよ」と手厳しい。さらには「これからはプロでやっていくんだから、一刻も早く親離れするべき。いっそのこと軟禁状態にして、外部との接触を一切遮断するくらいでないと」と、まさかの“軟禁論”まで飛び出した。

 かつてのPL学園や大阪桐蔭など、プロを多数輩出する強豪校では世間と隔離された寮生活が当たり前。当然、外出は一切禁止で、親と会えるのは数か月に一度。ケータイの所持も禁止など、過酷な環境のなかで野球漬けの生活を送ってきている。日本ハム関係者からは「清宮は東京生まれ、東京育ちだし、都心に近い鎌ケ谷に来たからといって浮つくこともない。そんなに厳しく締めつけなくてもいいのでは」と冷静な声もあるが、ラグビー・ヤマハ発動機ジュビロ監督の克幸氏のもとでアスリートとして英才教育を受け、寮生活を経験したことがないだけにあえて試練を課すべき、というのだ。

 将来、メジャーでの活躍が期待される大物の育成だけにいろいろな意見がある。ドラフトの会見で「何より18年間育ててくれた両親に感謝したい。今の自分は両親をなくしてないですが、ここからは自分一人で巣立っていくことになる」と力強く宣言した清宮は親離れできるか。これにも周囲は注目している!? 

関連タグ: