堂林「マイ名場面集」で飛躍誓う

2013年01月24日 16時00分

 広島・堂林翔太内野手(21)が4年目のシーズンに向けて意欲を燃やしている。現在は宮崎・日南で東出、今村らと自主トレしており「去年は(試合に)出させてもらったが、今年は自分で(レギュラーの座を)取りにいく、という強い気持ちを持ってやっていきたい」と鼻息も荒い。

 

 そんな鯉のプリンスはオフに球団スコアラーに昨季の自身のヒットシーンだけの“名場面集”のDVD作成を依頼した。いい状態の打撃を映像で見て脳裏に焼き付け、自分のものにするためで「自分のヒットを打っている映像を見るとここが良かったなど振り返ることができますからね」。

 

 出来上がったDVDをすでに何度もチェック。日南春季キャンプでも、練習後のホテルの部屋では常にこの映像をエンドレスで流すつもりとか。さらに「(オープン戦や練習試合などで)どこかに出る時も持っていく」という徹底ぶりだ。

 

「(打率2割4分2厘、14本塁打、45打点だった)昨年以上の数字は残さないといけない」とチームの上位進出のため自らにノルマを課す堂林。“名場面集DVD作戦”でさらなる飛躍となるか。