楽天がデーブ二軍監督を徹底監視

2013年01月23日 16時00分

 楽天フロントが、デーブこと大久保博元二軍監督(45)の動向を徹底監視する方針を固めた。

 

 昨オフ、一部の球団関係者が選手や裏方に対し「今季のデーブの行動についてどう思う」といった極秘調査を実施。その結果、聞こえてきたのは悪評ばかりだったという。そこで、今季は関係者が二軍施設などを定期的に巡回することが決定。トラブルを未然に防ぐために異例の作戦が決行されることになった。「2週間に一度は二軍を見回る。昨季の2倍以上、関係者が行くことになる」(球団関係者)

 

 作戦はすでに始まっており、現在Kスタ宮城で行われている新人合同自主トレでは大久保二軍監督の来場をチェック。「昨季の傾向と調査の結果から考えると、立場の弱い選手に近づき『俺に逆らったら試合に出さないぞ』と威圧する」という行動パターンを読み“厳戒体制”が敷かれているとか。

 

 昨季の後半戦はトラブルの連発で試合どころではなくなった。優勝を目標に掲げる今季の合言葉は「ノーモアトラブル」だ。