【ワールドシリーズ】グリエル「ダルビッシュへの人種差別行為」の波紋

2017年10月30日 11時30分

グリエルの処分内容を発表するロブ・マンフレッド・コミッショナー(ロイター=USA TODAY Sports)

【テキサス州ヒューストン28日(日本時間29日)発】米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは、ワールドシリーズ(WS)第4戦を前に会見を開き、27日(同28日)の第3戦でドジャースのダルビッシュ有投手(31)から本塁打を放った直後にアストロズのユリエスキ・グリエル内野手(33)がアジア人を蔑視するようなしぐさをしたことに対し、来季開幕から5試合の出場停止処分などを科すと発表した。その間の給料は支払われず、アストロズは同額をチャリティーに寄付することに同意したという。同コミッショナーはWSを出場停止にしなかった理由にチーム全体を罰する不公平性、本人の異議を申し立てる権利などを挙げた。

 グリエルは2回に左翼席へ先制弾を放ってダイヤモンドを一周してベンチへ戻った際、両手で目尻を引っ張り目を細めるしぐさをテレビのカメラに捉えられ、同時にスペイン語でアジア人を侮辱する「チニート」という言葉を発したとされる。グリエルは球団を通じて「私がしたことについて、すべての人に心から謝罪します。深く後悔しています」と声明を出した。MLBはグリエルに対し、オフシーズンに“感受性訓練”を受けることを義務付けた。

 一方、ダルビッシュは27日の試合後、「完全な人間はいない。彼もそうでしょうし、僕もそうでしょうし。ひとつのミスによってまたいろんな人がこのことから学べると思います」などと大人の対応。マンフレッド・コミッショナーは右腕に「たぶん選手としてできる最上級の方法で彼は対処したと思う」と賛辞を送った。

 チームは第4戦前にベンチで円陣を組んで、ダルビッシュのために勝つと結束。ダルビッシュは自身のインスタグラムで明かすと「素晴らしいチームメートを持ってとても幸せ」とつづった。

 グリエルはキューバ出身で2014年にDeNAでプレーし、翌年はケガを理由に来日せずに契約を解除され、16年に米国に亡命してシーズン途中にアストロズと契約。今年は主に一塁を守り、打率2割9分9厘、18本塁打、75打点と活躍しWS出場に貢献した。