【ドラフト】DeNA1位・東克樹 早くもプロのコーチにけん制球

2017年10月27日 16時30分

スカウトからの電話に笑みがこぼれる東

【ドラフト会議(26日、都内ホテル):1位の素顔と野望】170センチの小さな即戦力左腕はDeNAから単独1位指名に「清宮君に指名がいくと思ってたんで想像していなかった。若い左投手が多いチームで選んでもらえたのは光栄。大学出てすぐに活躍する選手が多いから自分も加わっていきたい。同じ左の今永さんに参考になることを聞いていきたい」と声を弾ませた。

 MAX152キロの速球と抜群の制球力。関西学生野球リーグでは史上初となる2度のノーヒットノーランを達成した。体は小さくても目標は大きい。「1年目から結果を残して優勝に貢献したい。新人王も取りたいタイトルです。意識するのは最多勝。貯金のつくれる投手は重要です。プロでもノーヒットノーラン? やれれば小さい子の憧れの選手になれる」と言い切った。

 さらには「ここまで自分の投げ方を変えずにやってこれたのが大きいんです。自分の投球フォームをイジられてないのがよかった。自分は物事をはっきり言うタイプで、自分に合わないと思えば合わない!と伝える。(プロでは)言うことばかり聞いていたら潰される可能性がある。40歳ぐらいまで長く野球をやりたいと思ってますから」と早くもプロのコーチらに“けん制球”も。個性派左腕は気合十分だ。