【Wシリーズ】ダルビッシュ 出場選手ランキング5位の評価

2017年10月25日 11時30分

ワールドシリーズ第1戦が行われるドジャー・スタジアム(ロイター=USA TODAY Sports)

【カリフォルニア州ロサンゼルス24日(日本時間25日)】ドジャースとアストロズが激突するワールドシリーズ(WS)がドジャー・スタジアムで開幕した。ドジャースが勝てば29年ぶり7度目の世界一、アストロズなら初のワールドチャンピオンだ。

 ロサンゼルスでは近郊のアナハイムに本拠地を置くエンゼルスが2002年にWSを制覇しているが、ドジャースは1988年以来の出場。地元は大盛り上がりだ。試合を中継するFOX系だけでなくほとんどのテレビ局が普通のニュース番組でもトップ扱い。23日(同24日)に行われた会見の様子や、今年のポストシーズンでの戦いぶりを流し続けている。

 地元紙のロサンゼルス・タイムズは28ページのWS特集セクションを編集し、ダルビッシュ有投手(31)や前田健太投手(29)をはじめ全選手の写真を載せてポストシーズンでの活躍を紹介。守護神ジャンセンの特集も掲載している。街中のネオン・サインも「ゴー・ドジャース」「テイク・17」「ブルーに染めろ」などに輝いていた。

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)はWSに出場する両チームの選手をランク付けしてベスト50を発表。ダルビッシュは5位、前田は29位だった。

 ダルビッシュについては「ドジャースに来て投球フォームや配球などを修正。シーズン終盤に調子を取り戻し、プレーオフに入ってからさらに好調。ドジャースに第2のエースを与えた」と絶賛。前田は「先発から救援に回ってプレーオフで5試合に登板してパーフェクト。ドジャースのブルペンに層の厚さをもたらした」と評価した。

 ダルビッシュを上回る上位4人は1位からアストロズのバーランダー投手、ドジャースのカーショー投手、アストロズのアルテューベ内野手、ドジャースのターナー内野手だった。