阪神・金本監督 今季ブレークの秋山&中谷に「調子に乗るな」

2017年10月24日 11時00分

 来季のV奪回に燃える阪神・金本監督が23日、2年連続の“地獄キャンプ”を予告した。

 昨年の秋季キャンプでは早朝ウエートの導入、「1日1000スイング」のノルマを徹底させるなど、故障者も辞さない姿勢で行われた。今年もその方針は変わらない。

「去年と一緒ぐらいはやると思う。高山が泣きそうなくらい振っていたけど、それぐらいやらんとうまくならない。同じやるんでも意識は持って。疲れるだけのきつい練習にはならないようにする。どうせ何時間か苦しい思いをするわけだから」

 今季は昨年台頭した北條、原口、高山ら若手野手トリオ、投手では岩貞、青柳が揃って不振のまま終了。これにも「一軍で1回いい思いをしているわけだから、いい意味でまた“おいしい汁”を吸えるよう頑張ってほしい。今年は(12勝した)秋山、(20本塁打の)中谷がいい思いをするだろうけど、調子に乗るなということ」と鉄人流のハッパをかけた。