阪神・片岡打撃コーチがヘッド兼務 安藤、新井両氏は育成担当

2017年10月23日 18時14分

 阪神は23日、金本政権3年目となる来季のコーチングスタッフを発表した。

 新ヘッドコーチは片岡打撃コーチが兼務し、高代ヘッドコーチが作戦兼総合コーチに配置転換。新バッテリーコーチには山田二軍バッテリーコーチが昇格する。

 金本監督との「野球観の違い」で今季限りで退任した掛布二軍監督の後任には矢野作戦兼バッテリーコーチが就任。二軍投手コーチには福原育成コーチ、同バッテリーコーチには藤井育成コーチが務めることになった。

 また、今季限りで現役を引退した2003、05年V戦士の安藤、新井両氏は二軍育成コーチに就任する。

 外部招聘はなく、最小限にまとめられたともいえる今回の新組閣。「今年の悔しさを来年晴らせるよう、リーグ優勝、日本一を目指してやっていく」と話す金本監督を支えていく。