阪神・金本監督 CSはDeNA桑原を警戒

2017年10月13日 16時44分

糸井(左)の打撃練習を見守る金本監督

“下克上日本一”に燃える阪神・金本知憲監督(49)が13日、甲子園で最終調整を終え、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(14日)で3位・DeNA退治を宣言した。

「打線のいいチームなんでどれだけ抑えられるかと言うこと。CSとか日本シリーズは投手戦が多いのでその覚悟でやる。皆、モチベーションを上げ、何が何でも勝つんだという気持ちを持ってやってほしいし、やってくれると信じている」。警戒する相手は「1番の桑原を出さないようにしたい。抑えると筒香、ロペスにランナーを置いての打席が減ってくるから。しっかりマークしてほしい」と話した。

 指揮官からキーマンの一人に指名された福留は「いつも通りに(野球が)できるのがベスト」と改めて自然体を強調した。