巨人・鹿取GMが一軍コーチ陣を“事情聴取”

2017年10月06日 16時30分

鹿取GM

 巨人・鹿取義隆GM(60)が5日、都内のホテルに一軍コーチ陣を呼び出し、個別に“事情聴取”を行った。この日面談を行ったのは、村田真ヘッドコーチ、斎藤投手コーチら7人。目的は各部門の課題や現状把握と、来季に向けた本人の意思確認だったとみられる。鹿取GMは「(GMに就任したのが)途中からなのでそれまでのことが分からなかった。すべてを聞かないといけないと思って面談しました」と話した。球団はすでにOBの吉村禎章氏らに入閣を打診しているが、一部の外部招聘人事は難航しているとの情報もある。現コーチ陣の来季について、鹿取GMは「それは今後」としたが、関係者によると「想定よりも多くのコーチが残ることになりそうだ」という。