西武・源田が150安打到達 ミスターまであと3本

2017年09月30日 21時08分

 西武・源田壮亮内野手(24)が30日の日本ハム戦(札幌ドーム)で150本目の安打を放ち、入団1年目の選手としては、歴代2位の長嶋茂雄(巨人=153安打)にあと3本と迫った。1位は佐々木信也(高橋)がマークした180安打。

 3回二死三塁の第2打席で、日本ハム先発・有原から先制となる右前適時打を放ち「チェンジアップです。先制点を取れてよかったです」。

 残り4試合となった56年ぶりの新人フルイニング出場とともに、安打数も注目される。