阪神・高山俊 代打で久々の一発 金本監督「何かつかんでくれたら」

2017年09月30日 00時20分

代打ホームランを放った高山俊

 阪神の悩める昨季の新人王・高山俊外野手(24)が29日のDeNA戦(横浜)の7回に代打で登場し6号ソロアーチを放った。

 DeNA・三上の直球を強振すると打球は左翼席へ。2年目の飛躍を期待されたが、不振のため8月18日に初めて選手登録を抹消された。25日に昇格し、代打起用が続いていたが、6月1日のロッテ戦以来の豪快な一発。金本監督は「振り遅れていたけどね。でも、何かつかんでくれたらいい。きっかけになるのであれば」と話した。

 試合は2—6で敗れた。