大谷が元気にブルペン入り 栗山監督「全然大丈夫」

2017年09月28日 19時30分

 27日のオリックス戦(京セラ)で左太もも裏に違和感を訴え、今後が心配された日本ハム・大谷翔平投手(23)が28日、元気にブルペン入り。予定通り約30球の投球練習をこなした。

 この日の楽天戦(札幌ドーム)前、普段通り全体練習に参加した大谷はそのままブルペンに直行。見守った栗山監督を「大丈夫だよ。つっただけだから、全然大丈夫」と安心させた。

 福島チーフトレーナーも「1日明けて、特におかしな感じはない。病院に行く予定はないし、むしろ行かなくてよさそう」と大谷の状態を確認してホッと胸をなで下ろしていた。今後の経過を見て順調ならば30日からの西武2連戦(札幌ドーム)で先発登板。これが国内最後の登板になる可能性が高い。