大谷ブルペン入りは春季キャンプ明け

2013年01月16日 11時00分

 日本ハムの注目ルーキー大谷翔平投手(18=花巻東)の“ブルペンデビュー”は春季キャンプ明けになることが明らかになった。


 球団側は大谷が現在も成長痛に苦しんでいることなどからまだ投球練習をする段階ではないと判断。春のキャンプが終了するまでは「プロ野球選手としての体作りに専念させる」方針だ。


 現在行われている新人合同自主トレでは、大学、社会人出身のルーキーが17日からブルペンでの投球練習を開始する。大谷は大きく遅れを取ることになるが「自分は即戦力ではないので仕方がない。同じ(マウンドから捕手までの)18・44メートルなら、平地のほうが投げやすいから、ブルペンにはそれほどこだわっていない」と、焦りは感じていない。

 この日の練習終了後も、前日の大雪が残る中でサインを求めるファンに丁寧に対応した大谷。応援してくれる人たちのためにも、しっかりと体作りに取り組んでいく。