日本ハム・大谷 2回に今季最速163キロをマーク

2017年09月12日 18時53分

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が3度目の登板となった12日の楽天戦(札幌ドーム)で、今季最速の163キロをマークした。

 スタンドにはメジャー16球団、32人の編成幹部・スカウトが集結。栗山監督が「まだオープン戦2、3戦目という感じ」というマウンドは初回、わずか13球で三者凡退(2奪三振)に仕留めた。

 2回はアマダーに右越え二塁打を許すなど一死一、二塁のピンチを背負ったが、7番・茂木の3球目に163キロ(外角へのボール)をマーク。ここでギアを上げて後続を抑え、無失点で切り抜けた。