早実の新主将・野村 清宮の“置き土産”を「毎晩見ている」

2017年09月10日 18時57分

 プロ注目の清宮幸太郎内野手(3年)が引退し、新体制となった早実が10日、高校野球秋季東京大会の1回戦(王貞治記念グラウンド)で小山台を8―1(7回コールド)で下し、好発進した。

 初回、新たに4番に任命された斎藤(1年)が期待に応える右前打を放ち1点先制。投げてはエース・雪山幹太投手(2年)が序盤から好投し、許した失点は6回の1点のみ。打線も相手のミスなどから流れをつかみ始め、4~6回で計7得点だ。試合後、雪山は「ベストピッチングではないですが、勝ちには貢献できたと思います。勝ててよかったです」と振り返った。

 今秋から、清宮から主将を引き継いだ野村大樹捕手(2年)は、4打数2安打1打点の活躍で勝利に貢献した。「清宮さんの後ろを打ってたときのほうが大変でした。主将の重圧はないです」と頼もしいひと言。続けて「毎年引退する3年生の方々からシャツに寄せ書きをもらうんですが、清宮さんが『迷ったら俺の背中を思い出せ』と僕のシャツの背中のど真ん中に大きく書いてくれたんです。今は壁にかけて寝る前に毎晩見ています」とはにかみながら話した。

 その清宮は、現在開催中の「第28回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」(カナダ)でも日本代表の主将として出場中。惜しくも優勝は逃し、3位決定戦に回ることになったが、和泉実監督は「負けちゃったけど、でもすごいよね。いいんじゃないですかって言うと彼に怒られちゃうと思うけど」と評価。「それ(世界一)は彼が一番目指していたわけだから。まぁ帰ってきたらいろいろ聞いてみたいです」と笑顔で語った。