阪神・掛布二軍監督が任期満了で退任へ 球団はフロント入り要請

2017年09月10日 14時23分

今季限りで退任する掛布二軍監督

 阪神は10日、掛布雅之二軍監督(62)の今季限りでの退任を発表した。

 四藤慶一郎球団社長が「一軍で戦力となる若い選手も数多く出てきて、若手育成の成果が出ている。(2年契約満了の)節目というところで、世代交代も考えていく必要がある。次の指導者につないでいきたい」と明かした。

 掛布二軍監督は、2013年10月にGM付育成&打撃コーディネーターとして現場復帰し、15年オフに二軍監督に就任。卓越した打撃理論で育成に尽力した。球団は、オーナー付アドバイザーなどの役職でのフロント入りを要請している。