【U-18W杯スーパーラウンド】米沢コーチ 猛アピールで劇勝アシスト

2017年09月08日 16時30分

【カナダ・サンダーベイ7日(日本時間8日)発】「第28回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」に出場している高校日本代表はスーパーラウンド(R)初戦でオーストラリアに延長11回タイブレークの末、4―3でサヨナラ勝ちを収めた。

 劇的勝利に貢献したのは選手だけではない。1点リードで迎えた6回、一死満塁から9番バーネットの左犠飛で同点に追いつかれた直後、米沢コーチがベンチから猛アピール。一塁走者が二塁を回ったあと、一度踏んだ二塁ベースを踏まずに一塁へ帰塁しており、アピールが認められ併殺打となった。二死一、二塁となおもピンチが続いただけに大きなプレーだ。お手柄の米沢コーチは「あれを伝えるのに血管が2本ぐらい切れました(笑い)。よくあることなので、いつも見るようにはしています」。大舞台でも冷静だった。