【U-18W杯スーパーラウンド】報徳学園・小園3安打爆発

2017年09月08日 16時30分

【カナダ・サンダーベイ7日(日本時間8日)発】「第28回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」に出場している高校日本代表はスーパーラウンド(R)初戦でオーストラリアに延長11回タイブレークの末、4―3でサヨナラ勝ちを収めた。

 2年生とは思えない。1次ラウンドで打率5割をマークした報徳学園・小園海斗内野手(2年)はオーストラリア投手陣を相手に6打数3安打と爆発した。好調の原因は小枝監督のアドバイス。「たとえば、こうやって立ってるときに球場の照明などを指さしてみて、片目で見たときにどっち(の目)に指の先がさせてるか見てみろと言われた。自分は左目だったので、ボールを見る目を左目にしてみろと言われた。そうするとボールを最後まで見られるようになりました」。世界一を手にするまでまで安打製造機は止まらない。