【U-18W杯スーパーラウンド】豪州戦サヨナラ劇呼んだ秀岳館・田浦の連続三振締め

2017年09月08日 16時30分

【カナダ・サンダーベイ7日(日本時間8日)発】「第28回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」に出場している高校日本代表はスーパーラウンド(R)初戦でオーストラリアに延長11回タイブレークの末、4―3でサヨナラ勝ちを収めた。

 圧巻の2者連続三振締めだ。タイブレークとなった延長11回に3番手で登板した秀岳館・田浦文丸投手(3年)は犠打と四球で一死満塁のピンチ。しかし、7番打者をスライダーで見逃し三振に仕留めると、8番打者はフルカウントから内角ストレートで見逃し三振。サヨナラ劇を呼んだ。この日は登板予定がなかったが、急きょマウンドに上がった。

「けっこう緊張してたんですけど、最後にインコースのストレートで三振を取れてうれしかった。(捕手)古賀が自分のピッチングをしてこいと言いにきてくれて、助けられました。(最後は)渾身の一球だと思います」

 悲願の世界一に向け、「残り3試合も全試合投げるつもり? そうですね。自分が思っているよりも全然疲れもたまっていない。そういうつもりでいます」と力を込めた。