超攻撃的布陣で敗戦 西武・辻監督“DH型スラッガー勢揃い”の狙い

2017年09月07日 16時30分

9回の打席は四球の中村(手前)

 西武が6日のロッテ戦(メットライフ)に延長10回、7―8で競り負けた。この試合で注目されたのは西武のベンチ入りメンバー。主砲・中村が腰痛から復帰し、代わりに投手の武隈を抹消したことで、西武ベンチ内にはDHタイプの選手が実に6人も勢揃いするという、一見アンバランスな布陣となったからだ。

 辻監督の狙いはもちろん、超攻撃型采配を振るため。しかも総力戦となったこの日は、スタメン出場した3番・森(DH、捕手)、5番・山川(一塁)、6番・栗山(左翼)、7番・中村(三塁)の4人に代打・メヒア、坂田と、6人の“超重量DH型スラッガー”を、すべて使い切った。

 だが、9回に2点差を追いつく粘りも実らず、試合後の辻監督は「(9回に)勝ち越せずというところだよね。でも、よく追いついたよ。ただ、(失点は)本塁打ばっかりだからね。そういうところの攻め方をもっと勉強しないと。(捕手3人起用は)こっちは攻めるしかないから。あそこ(8回の代打)はメヒアの一発に期待したんだけど。もう(ベンチに野手は)1人しか残っていなかったもんね」と、ノーガードでの打ち合いとなった総力戦での敗戦を悔しそうに振り返った。

 当然、守備、走塁面に目をつぶった超攻撃的采配は、リスクも大きくなるのだが…。辻監督は「(3四球の)中村は3打席ぐらいで代えようと思ったんだけど、こういう展開になったから。(4打数3安打2打点の)栗山も代えようと思ったんだけどチャンスで回ってきたし、野球は何があるか分からない。これからも粘り強くやっていきます」と、めげてはいないようだった。