大谷が憧れの佑ちゃんに“弟子入り志願”

2013年01月16日 16時00分

 日本ハムの大谷翔平投手(18=花巻東)が佑ちゃんへの“弟子入り”を志願した。

 

 新人合同自主トレ2日目の12日、大谷は千葉・鎌ケ谷の二軍施設を訪れた斎藤とロッカールームで初対面し「すごく緊張しました。ちゃんと話す時間はなかったけど『大きいね』と言われた」と感激の面持ちで語ると「斎藤さんは目標とするスター選手。大舞台に強い。精神面のことなどを聞いてみたい」と目を輝かせた。

 

 甲子園優勝投手の斎藤はずっと憧れの投手だった。「小学6年生の時に甲子園で投げる斎藤さんを見て、すごいと衝撃を受けた。軸足を曲げて投げているところなどをよくまねしました」。投球フォームだけではない。「大舞台に強く、ファンやマスコミなどの注目をものともしない精神力も見習いたい」と“持ってる男”の強心臓にもほれ込んでいる。

 

 斎藤は肩の不安などから今年の春季キャンプは二軍スタートが決定的とみられている。また大谷も一軍ではなく二軍からとなりそう。キャンプが始まれば接触する機会は増えるのは間違いない。大谷は“佑ちゃんエキス”を可能な限り吸収し、成長につなげる。