ダル「取りたいところで三振取れた」

2012年04月26日 12時00分

【テキサス州アーリントン発】ダルが強打のヤンキース打線を相手に圧巻の投球——。レンジャーズのダルビッシュ有投手(25)は24日(日本時間25日)、ヤンキース戦でメジャー自己最長の8回?を投げて自己最多の10三振を奪い、7安打無失点で今季3勝目をマーク。黒田博樹投手(37)との日本人先発対決を制した。2—0という点差以上の〝完勝〟だった。

 メジャー初完封目前の交代だった。9回一死後、スウィシャーに左前打を打たれると、ワシントン監督はマウンドに歩み寄ると、交代を告げて肩をポンポンと叩いた。降板するダルビッシュは4万7085人の観客から送られたスタンディングオベーションに右手を上げて応えた。「(6回途中5失点の)前回は複雑でしたがきょうは気分が良く、たたえてくれてうれしかった」と振り返った。

 この日は日本時代に絶対エースと呼ばれたダルビッシュそのものだった。滑るボールや慣れないメジャーのマウンドに苦しんでいた姿はない。「今日のダルビッシュは全ての球種を投げ、ヤンキース相手に全てが有効だった。素晴らしい投球だった」とワシントン監督は脱帽だ。セットポジションからテンポ良く投げ込む速球は低めに決まり、チェンジアップ、ツーシームも投げた。何より抜けたボールがない。1、2回は全く危なげなかった。

  しかし、3回は安打に四球で無死一、二塁とされるとジーターのバントを処理ミスで内野安打にしてしまう。無死満塁の大ピンチだ。一気に崩れても不思議ではなかった…。ここで右腕はエンジン全開だ。グランダーソンをスライダーで見逃し三振。ロドリゲスを三ゴロ併殺打に仕留め、無失点で切り抜けるとグラブを叩いて喜んだ。

 最大の山を越えるとヤ軍打線も黒田も気にならなかった。スコアボードに0を並べていく。

  圧巻は7回だ。イバネスを速球、チャベスはカットボールで連続空振り三振。マーティンには右前打を打たれたものの、ジーターには力の勝負を挑む。カウント1—2からカットボールでバットに空を切らせた。思わず小さくガッツポーズだ。ここまで2—0だが、ベンチもファンも大量リードしている感覚だったろう。ネット裏で観戦しているライアン球団社長も満足そうな表情だ。

 計10三振はメジャー最多。ダルビッシュは「三振は取りたいところで結構、取れた。思った通りに投げれた」と胸を張った。球威も最後まで衰えず、9回先頭のスウィシャーに投げた2球目は154キロをマークした。

 最高の投球で手にした3勝目。初めて納得できる白星と言ってもいいだろう。しかし、ダルビッシュは「(完成度は)まだまだと思う」と素っ気ない。ワシントン監督は「彼がずっとこのままの状態を維持してくれたら、今季のレンジャーズは特別な1年になるだろう」と期待を寄せる。レ軍を初のワールドチャンピオンに導き、そしてメジャーのエースを目指す男に満足の二文字はない。4試合目でやっと本領を発揮した日本の絶対エース。全米を驚かせるのはこれからだ——。