山口俊への処分に巨人が説明書 選手会の「重過ぎる」主張に反論

2017年09月05日 16時30分

二軍で調整を続ける山口俊

 巨人・山口俊投手(30)への球団からの処分に関し、日本プロ野球選手会(嶋基宏会長)から要請書が出されていた問題で、4日開かれたプロ野球実行委員会に巨人が説明書を提出した。

 山口俊は酔った上で病院で暴れたとして、傷害などの容疑で書類送検(不起訴処分)され、球団から1億円を超える罰金などの処分を受けたが、選手会側は「重過ぎる」とコミッショナー宛てに要請書を提出していた。

 巨人は提出したB5用紙5枚に及ぶ「日本プロ野球選手会の要請に関する説明」と題された文書で「1、処分内容は妥当。むしろ『軽すぎる』との声が多く寄せられている。2、契約見直し等は山口投手も納得の上で行われており、日本プロフェッショナル野球協約や一般法令に反する点は一切ない。3、山口投手の契約見直しは不祥事の結果として行われており、FA制度一般に影響を与えるものではない」と選手会の主張に反論した。

 同文書は他の11球団にも配られたがこの日は議論されず。持ち帰って意見がある場合は次回の実行委員会までに各球団が提出することになった。

 出席者の一人は「今回のケースは山口俊が選手会を止めないとダメ。せっかく反省して再スタートを切ったのに、山口俊が処分に不満を持っていると思われる」とバッサリ。山口俊本人は「(選手会の要請書について)知らなかった」と話しているが、山口俊は当初、巨人との交渉窓口を選手会の弁護士に依頼していたこともあり、選手会と裏で通じていたとの疑いを持たれても仕方がないとも言える。

 DeNA時代に選手会長を務めるなど、選手会との距離が近い山口俊だったが、今回はそれがアダとなった形だ。