【U―18W杯】3連投の田浦が圧巻の4イニング9K

2017年09月05日 16時30分

【カナダ・サンダーベイ4日(日本時間5日)発】「第28回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」に出場している高校日本代表はポートアーサー・スタジアムで行われたオランダ戦を3―1で制し、スーパーラウンド進出を決めた。6回から登板した秀岳館・田浦文丸投手(3年)は4回無安打9奪三振の好救援を見せた。

 3連投の田浦が圧巻の投球でセーブを挙げた。2―1の6回から登板し、4イニングで9奪三振。9回一死走者なしから4番打者に四球を与え、二死後に遊撃手の報徳学園・小園(2年)の失策で一発が出ればサヨナラ逆転負けのピンチを背負ったが、最後の打者も冷静に投ゴロに仕留めた。今大会で計9回を投げて19奪三振を誇る左腕は「日本でも(救援は)やってきているので緊張もすることなく自分の投球ができた。いい投手がたくさんいるので、1回でつぶれてもいいと思って(思い切って)投げた」。小枝監督も「今年は田浦くんですね。立派です」と最敬礼だった。