阪神・藤浪「プロは全然違う」と舌巻く

2013年01月13日 10時54分

 阪神のドラフト1位・藤浪晋太郎投手(18=大阪桐蔭)が12日、鳴尾浜の新人合同自主トレで2度目のブルペン投球を行った。


 合同自主トレ3日目のこの日は白仁田、清原と同じ時間帯にブルペン入り。プロの先輩と並んでの投球練習は初めてで、初日と同じく捕手を立たせたまま?球を投げた。「自分のペースでしっかりと投げている。普通は横で投げていたら力が入るけど、あまり気にしないタイプじゃないか」と視察した中西投手コーチが指摘するように、この日も最後まで淡々と投げ続けた。


「プロの方を球を横で見るのは初めてで勉強になった。改めてプロは全然違う球を投げていると思った。そういう機会があればまた勉強したい」と振り返った藤浪。春季キャンプは一軍参加が濃厚で、どん欲に一流の投球術を勉強するつもりだ。