青木 メッツ移籍後3試合連続安打「気持ちはもうメッツになっている」

2017年09月05日 11時30分

本拠地デビューでチームの勝利に貢献した青木(右、ロイター=USA TODAY Sports)

【ニューヨーク発】ブルージェイズから自由契約となり、メッツに移籍した青木宣親外野手(35)が4日(日本時間5日)、本拠地シティ・フィールドでのデビューとなったフィリーズ戦に「2番・右翼」で先発出場し、3回に左翼線二塁打を放って続くカブレラの2ランで生還するなど5打数1安打1打点1得点の活躍で11―7の勝利に貢献した。これで移籍後は3試合連続安打。

「きれいな球場で、すごくやりやすかった。今まで在籍した球団の中で最高かもしれない。気持ちはもうメッツになっている」と、ご満悦の様子だった。