【U―18W杯】モノマネ芸人“リトル清宮”に託されたキヨメーター

2017年09月04日 11時31分

蒲田さんからキヨメーターを受け取る“リトル清宮”

【カナダ・サンダーベイ3日(日本時間4日)発】「第28回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」に出場している高校日本代表は強豪のキューバを7―2で撃破した。応援で現地サンダーベイを訪れた早実・清宮幸太郎内野手(3年)の中学時代の恩師・蒲田みどりさん(50)は、勤務先である早実中等部の夏休みが終わるため、現地観戦できるのは、この日のキューバ戦が最後。そこで自作してきた清宮の高校通算本塁打数をカウントする通称“キヨメーター”を、同じく日本から駆けつけた“リトル清宮”ことモノマネ芸人のジャンふじたに(39)に手渡した。

 もともと面識はなかったが、蒲田さんから連絡を取り、カナダの地で意気投合。大会期間中は2人で食事にも行ったという。

「試合を見れないのは残念だけど、これでキヨメーターは安心して託せます」と蒲田さん。譲り受けたジャンは「清宮くんの存在が、いろんな人とのつながりを生んでくれる。本当にありがたいです。英語は全くできないけど、思い切って来てよかった。先生の分も全力で応援します。ガンバレ、ニッポン!」と笑顔で声援を送った。