【U―18W杯】日本は米国に2安打完封負け 清宮4打数無安打

2017年09月03日 11時33分

【カナダ・サンダーベイ2日(日本時間3日)発】「第28回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」1次リーグB組の日本は米国に0―4と完封負けし、1勝1敗となった。

 先発の川端健斗(秀岳館=3年)は6回途中、15三振を奪いながらも、6四球と制球が定まらず、6安打を許して4失点。打線も米国の3投手にわずか2安打に封じられた。

 3番・安田尚憲内野手(履正社=3年)は2打数無安打2四球、4番・清宮幸太郎内野手(早実=3年)は初回に併殺打に倒れるなど4打数無安打。7番に入った中村奨成捕手(広陵=3年)は2打数無安打で途中交代した。