【U―18W杯】清宮に心強い援軍 中学恩師の自作キヨメーター準備OK

2017年09月02日 16時30分

持参したキヨメーター

 世界一を目指す怪物・清宮幸太郎内野手(3年)に心強い援軍が現れた。早実中等部で数学を教える蒲田みどりさん(50)は清宮の中学時代の恩師。早実の試合も頻繁に観戦しているそうで、教え子の晴れ舞台を応援しに遠路はるばる日本から駆けつけた。

「夏休みを利用して来ました。清宮くんは中学時代から大きくて、みんなより高めの机を使っていたのが印象的。組長もやっていて、優秀な生徒でしたよ」

 今回高校日本代表を応援するにあたって、歴代記録を更新した清宮の高校通算本塁打数をカウントする通称“キヨメーター”も自作した。「今は(次号に備えた)『110』ですが、数が増えてもいいように上から貼り付けられるパネルも作ってきました。1~9まであるので120号が出ても大丈夫だけど、授業が始まっちゃうので、あと3試合だけしか見られない。帰るときは誰かに託そうかな(笑い)」。異国の地での恩師との再会は、清宮にとっても大きな力となるに違いない。