【U―18W杯】清宮困惑 バット届かず手投げでノック

2017年08月30日 11時31分

ノックはコーチがボールを投げて行った

【カナダ・サンダーベイ29日(日本時間30日)発】「第28回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」(9月1日開幕)に出場する高校日本代表が思わぬトラブルに見舞われた。トロントから移動する際に乗り継ぎ便が遅延した影響で到着は深夜に。さらに機体が小さかったため、バットなどを積むことができなかった。結局、バットは練習に間に合わず、不完全なスタートとなった。

 カナダ入り後初練習を行ったベースボールセントラル球場に見慣れない光景が広がっていた。バットなしで練習したのだ。チームは29日夜にトロントからサンダーベイへ移動したが、乗り継ぎ便が小型だったため、バットや一部選手の荷物を積むことができなかった。この日の練習までに届けてもらう手はずとなっていたが、練習開始時間に間に合わなかった。選手全員分のバットのほか、キャッチャー防具一式、ボールも不十分ななかで練習となった。

 練習は予定していた午後1時から30分遅れて開始。道具がないなか、選手たちはキャッチボール、走塁練習など、やれるだけの練習で2時間ほど汗を流した。ノックバットがないため、ノックはコーチが手投げした球を拾う形式に。小枝監督は「何があっても動じない気持ちで。トラブルはあって当たり前。荷物はおいおい届く。明日には普通にできると思う。仕方ない」と語ったが、予定されていたメニューを消化できなかったことは誤算だろう。

 主将の早実・清宮幸太郎内野手(3年)は「あんなもんじゃないですか。あんまり気にしてないです。まあでも、打ちたかったですけど。ちょっと(間隔を)空けるのは嫌というか、ずっと打っていきたかったので」と困惑の表情。スーツケースが届いていない秀岳館・田浦文丸投手(3年)は「こういうこともあるんだなと。練習着は予備のものがあったので。ストッキングは川端に借りました。寝巻きは丸山に。下着はこれから買いにいきます」と苦笑いだ。

 バットなどは30日午前2時(同31日午後3時)に到着する予定だ。初戦のメキシコ戦を前に勢いをそがれた格好の高校日本代表。世界一を勝ち取りこの騒動を笑い話にする。