【リトルリーグ・Wシリーズ】世界一の東京北砂 大会ベストナインに6人選出

2017年08月29日 11時30分

東京北砂リトルリーグが世界一に輝いたことを大きく報じるウィリアムズポート・サン・ガゼッタ紙

【ペンシルベニア州ウィリアムズポート発】第71回リトルリーグのワールドシリーズを制した日本代表・東京北砂リトルリーグは一夜明けた28日(日本時間29日)、帰国の途に就いた。地元紙ウィリアムズポート・サン・ガゼッタは恒例の大会ベストナインを米国ブロック、インターナショナルブロック別に発表した。

 東京北砂からは2試合に先発し計20三振を奪った後藤理来(13)、3試合に先発し3勝を挙げた冨井翼(12)、17打数9安打、打率5割2分9厘、2本塁打、7打点の4番矢島夏希(13)、16打数9安打、打率5割6分3厘、8得点、2本塁打、6打点の宮原慶太郎(12)、2試合目から先発起用され8打数4安打、1本塁打、7打点と勝負強さを発揮した中嶋友哉(13)、11打数4安打4得点2打点で堅実な外野守備を見せた大野良太(13)の6人が選出された。