阪神・金本監督 藤浪の中4~5日先発も「ありやな」

2017年08月29日 11時00分

 阪神・金本知憲監督(49)が28日、不振脱出の兆しを見せた藤浪晋太郎投手(23)を間隔を詰めて先発させることを示唆した。

 課題の制球力が克服されたか否かが不安視される中、前日(27日)の巨人戦で7回途中3失点と力投した藤浪は、10日間の登録抹消の間に2度の調整登板をこなし「感覚的に良かった」。これに指揮官は「投げたいだろうね。それ(中4~5日の登板など)もありやな。抹消せずにね。まあ、考えるよ」と話した。

 もともと「本来の姿は一昨年の時。今年は15~16勝くらいしてほしい」と大きな期待をかけていただけに“ウルトラE”もありそうだ。